HOME > リフォーム成功術

リフォーム成功術

リフォーム成功術

こちらではリフォームについて、最低限これだけは知っておけば大丈夫という基礎的な内容をまとめてみました。
皆様のリフォームを満足できるものとする為に、是非一度ご覧下さい。

Step.1 プランニング

リフォームをする上で最も大切なことは、どんな生活をしたいのかという具体的なイメージを持ちリフォーム目的をはっきりとさせることです。
まずはじめに、現在住んでいる家への不満点や今後のライフスタイルなどを考えてみましょう。

Step.1 プランニングのイメージ
1 希望内容をまとめる

不満点やメンテナンスが必要な箇所、先を見据えたライフスタイルなどをふまえ、リフォームの希望内容を整理します。
その、リフォーム希望事項について家族で話し合い優先順位をつけていきます。

2情報をまとめる

現在の住まいの図面や仕様書等は今後の工事方法やプラン作成などを行う上で大切な資料となるため、きちんと用意しておきましょう。

また、リフォームに関する書籍やインターネット、セミナーなどを利用し知識や情報を仕入れておくことも大切です。
例えば、雑誌などに乗っている施工例やシステムキッチン、バス・トイレなどの設備機器などできるだけたくさんの情報を収集します。
その他にも、リフォーム会社やローンや助成金、税金などお金に関する情報も収集しているといいでしょう。

3 おおよその費用をつかむ

希望したリフォーム内容がどのぐらいの予算で出来るのか、目安となる金額をつかんでおくといいでしょう。

お問い合わせはこちら
Step.2 予算検討を資金計画

STEP1の作業を行いながら、予算としてどのくらい用意できるのか、また、資金不足の場合どのように資金調達をするのか考えていきます。
ローンを利用する場合は様々なタイプがあるため、借入する金額や支払期間、利率などを十分に考慮しながら決めるようにしましょう。

1 おおよその予算を考える

支払いが出来るおおよその金額、または上限額を検討します。
工事以外にも費用がかかるので、予算の10~20%は予備費用として考えておきましょう。

2 自己資金でまかなう場合

当然お分かりとは思いますが、それなりに現金は残しておくべきです。あまり余裕がない場合は、ローンを利用することをオススメします。

3 親などからの援助を受ける場合

親からの贈与の場合、基礎控除(年間110万円)があり贈与税は課税されません。
ただし、110万円を超えた分は課税対象となります。その場合は相続時精算課税制度を利用することで節税できる可能性があります。※詳しくは税務署までご確認下さい。
また、資金を親から借りる場合は、返済していることを証明するために定期的に記帳をしておく必要があります。

お問い合わせはこちら
Step.3 リフォーム会社選び

「リフォームをどこの会社に依頼するか」この選択がリフォームを行う上て一番重要といっても過言ではありません。各会社の特徴や自分が思い描いているリフォーム内容に沿う提案をしてくれる依頼先を十分に検討し決めるようにしましょう。

  • Step.3 リフォーム会社選びのイメージ
  • Step.3 リフォーム会社選びのイメージ
リフォーム会社の候補をリストアップ

知り合いからの情報や雑誌、インターネットなどを利用し、候補となるリフォーム会社を探します。
その際、候補となる会社の概要や特徴など詳しい資料を請求したり、インターネットを利用し評判(口コミ)などを調べるとより良いでしょう。
また、できるだけ様々な施工例やショールームなどを見学に行ってみるのもオススメです。

2 2~3社に絞り連絡し、希望内容を伝える

リフォーム会社を2~3社に絞り込み来訪の依頼を行います。
その際に、各社から会社概要や仕事の進め方、工事の実績などの詳しい資料を提出してもらい比較検討をしてみましょう。
リフォームする範囲や希望する内容などを話しラフプランの作成と、概算見積もりの提出を依頼します。
また、現状の調査を行い、工事をする場所やその周辺の状態を把握してもらいます。

3 プランおよび見積もりを検討する

各社より提出されたラフプランを見比べ検討します。
次に、そのラフプランを土台として見積もりを検討しましょう。
会社によって金額が大幅に違う場合は、どのような理由で差があるのか質問などをし確認しましょう。
提案された金額が妥当かどうか、ラフプランが自分が求めるものなのか等総合的に見比べ判断します。

4 リフォーム会社を1社に絞り、具体的な金額を詰める

プランの内容や概算見積もり、会社の対応能力等を考慮し、最終的に交渉するリフォーム会社を決定します。
その際、他のリフォーム会社への断りの連絡をお忘れなく。
その後は、その会社と具体的でより細かいプランを詰めていきます。
また、実際に使用する部材や設備等を元に見積書を作成してもらいましょう。

お問い合わせはこちら
Step.4 契約・工事・引っ越し

「リフォームをどこの会社に依頼するか」この選択がリフォームを行う上て一番重要といっても過言ではありません。各会社の特徴や自分が思い描いているリフォーム内容に沿う提案をしてくれる依頼先を十分に検討し決めるようにしましょう。

  • Step.4 契約・工事・引っ越しのイメージ
  • Step.4 契約・工事・引っ越しのイメージ
1 契約

最終的なリフォームの内容が決定したら、正式に工事請負契約書を締結します。後々のトラブルを避けるためにも必ず契約は書面で行いましょう。
ここで着手金を支払う場合もあります。

2 工事

工事を開始する前に法的な手続きや家具などの移動を行い準備します。
今後の工事日程などの説明を受けます。
公的に融資を受ける場合は着工する前に手続きを行います。
近隣の皆様へあいさつ回りを行います。
工事期間中は日々の進捗状況を記録しておきましょう。
場合によってはこの段階で中間金を支払うこともあります。

3 完成検査

契約時の際に作成した図面や追加・変更事項などの記録をもとに、不具合がないか確認していただきます。
もし、不具合などがあった場合は手直しを依頼します。

4 引渡し&清算

手直し工事などが全て完了したことを確認し、正式な引き渡しを受けます。
追加・変更などの工事記録をもとに、最終的な工事金額を確認し代金(残金)を支払います。

お問い合わせはこちら