オカジュウBLOG

2019年5月27日 月曜日

28年使用した洗面化粧台、排水の詰りを機に取替えました!

こんにちは

洗面化粧台のキャビネットの下から水が出てきました!
。。。と
蒲郡市S様よりお電話いただきました。

現場にて検査の結果、
排水が詰まったことが原因でした。

排水の詰りを直して使っていただく方法もありますが
今回は、長く使ってきたので お客様の要望で
これを機に取り替えることとなりました。

                         LIXIL 洗面化粧台ピアラ  
                                   (間口600㎝/高さ75㎝) 




①まず、既設機器を撤去します。
        
          ↓
         清掃
     

②新設機器を設置した状態を想定し
 床を補修した部分が隠れる位置で
 「30㎝×25㎝程」の床をを撤去します。
     

③メーカー指定の配管位置に配管し直します。
      
          ↓
        下地設置
     
         
④床復旧
      

⑤コーキング:継ぎ目には、隙間風・虫の侵入を防ぎます
     
   (黄色の養生テープはコーキング塗布後剥します)

⑥ミラーキャビネットの配線は、トラッキング等の危険を
 回避する為に壁内へ配線し
 100Vを直接ミラー内へ接続しました。
  既設の時はコンセントを使用していて
 今回不要になったのでコンセントカバーをしました。
  ※トラッキング現象とは?
   プラグを長い期間コンセントに差し込んだままに
   しておくと、プラグとコンセントの隙間に
   ホコリがたまり、このホコリが原因で
   発火につながる現象を「トラッキング現象」と
          いいます。

     

⑦止水栓を取付け配管と本体を接続します。

     旧 
          ↓ 
     新

⑧きれいにクリーニングをし、完成ですshine
    

S様ありがとうございました。
この先もずっと洗面台のことはお任せいただけると嬉しいです。

   
LIXIL ピアラ 
https://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/piara/feature/feature01.htm
   
  

 






投稿者 岡田住宅設備株式会社 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: